小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

マックスバリュ中部/「食」を強化した2つの新業態スタート

店舗/2019年04月12日

マックスバリュ中部は2019年、「食」を強化した2つの新業態を成長のエンジンに育成する。

<「食」を強化した新業態(マックスバリュ上野小田店)>
「食」を強化した新業態

4月11日に行われた決算会見で、鈴木芳知社長が明らかにしたもの。

<食を楽しむ「ファン・トゥ・ショップ」>
食を楽しむ「ファン・トゥ・ショップ」
※出典:4月11日記者会見資料(以下同)

ともに「食」をクローズアップした新業態となっている。

1つ目の業態のコンセプトは「ファン・トゥ・ショップ」。3月に改装した「マックスバリュ上野小田店」(三重県伊賀市)から開始した。

<マックスバリュ上野小田店>
マックスバリュ上野小田店

お客への食提案、買物の楽しさを提供し、食卓を想起させる店舗に仕上げた。

<五感で食卓を想起し、買物を楽しめる>
五感で食卓を想起し、買物を楽しめる

標準面積は2000m2で、想定売上高18億~20億円を目指している。4月「マックスバリュ森孝東店」(愛知県名古屋市)から新規出店でも取り入れ、下期2店出店を予定している。

<鈴木芳知社長>
鈴木芳知社長

鈴木社長は「ミールソリューション型のスーパーに再構築するにあたり、新フォーマットを2つ開発した。ファン・トゥ・ショップ型店では、目の前で鮮魚をさばくのを楽しめ、各コーナーで試食を用意。焼き立てパンの香り、焼き芋の温かさなど五感で食卓を想起し、思わず買いたくなる店作りをしていく」と説明した。

<思わず買いたくなる店作りを目指す>
思わず買いたくなる店作りを

2つ目の業態は「生鮮強化型」となっている。

<「生鮮強化型」の新業態>
「生鮮強化型」の新業態

生鮮食品を強化し、嗜好性の高いカテゴリーの品ぞろえに特化した。

1個から箱売りまで対応し、近隣だけでなく、遠隔地からも集客できる商圏の広い店づくりを目指している。

標準面積2500m2で、売上高は18億~20億円を想定している。

2018年11月「マックスバリュ学園前店」(三重県松阪市)から開始し、6月に「マックスバリュ港町店」(三重県津市)を新フォーマットに改装する予定となっている。

鈴木社長は、「先行導入した学園前店では、昨年に比べ売上が30%伸びている。特に、マグロと農産物を強化している」と述べた。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧