小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

商業施設賃料/表参道は月額坪あたり22万円、14四半期ぶり上昇

総合不動産サービス大手JLLは5月15日、東京プライムリテール市場2019年第1四半期の動向を発表した。

調査によると、1階賃料は銀座で月額坪あたり28万円、前期比横ばいとなった。表参道は月額坪あたり22万円で2.3%増となり、14四半期ぶりに上昇した。

銀座(中央通り)と表参道(表参道沿い)を調査対象とした。

売買価格は、0.1%上昇し、前年比3.8%上昇となり、賃料上昇を反映した。

<2019年第1四半期 プライム リテール クロック>
2019年第1四半期 プライム リテール クロック

世界の主要都市の賃料動向を時計に見立てて「見える化」したJLL独自の市場分析ツール「プライムリテールクロック」をみると、東京プライムリテールの賃料は「上昇減速」フェーズにあり、まもなくピークを迎えると予測している。

今後、賃貸市場では、国内外の顧客による堅調な消費を背景に出店需要は引き続き堅調となる一方で、供給予定は比較的限定的であることから、賃料は安定的に推移する見通し。

売買価格は安定的に推移する見通しであるが、投資利回りは一層低下する可能性がある。

賃料は、市場関係者へのヒアリング、周辺事例、経済指標等を勘案し、独自の手法を活用し、モデルビルの賃料を査定しているもので、個別の募集・成約事例の妥当性や成約可能賃料を述べているものではない。

プライムリテールエリアの商業スペースの賃貸借契約は個別性が強く、ロケーション、ファサードの大きさ、総額賃料、契約期間などの条件によって、賃料単価が大きく異なる。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧