小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ヨークマート/写真でみる「川崎野川店」の生鮮・惣菜売場

店舗/2019年06月20日

ヨークマートは6月19日、川崎市初出店となる「川崎野川店」をオープンした。

今後の大型店舗のモデル店舗と位置付けた、千葉県四街道市の「もねの里店」で強化した惣菜、手作りデザートなど新規MDを取り入れた。

価格競争だけにこだわらない地域一番店を目指す同店の生鮮・総菜売場を、写真を中心に紹介する。

<カットサラダ、手作りサラダが充実>

川崎市は、首都圏でも人口増加地域であり、「川崎野川店」周辺には、40代子育て世代など多くの住民が居住している。共働き世代も多いため、即食・簡便・上質・健康な商品をそろえた。

<いちごの杏仁豆腐、マンゴープリン>
いちごの杏仁豆腐、マンゴープリン

青果は、カットサラダ、手作りサラダ・デザートなど健康的な簡便商品が充実。既存店で人気の青果部門の果物を使用した手作りデザートは、タルト類に加え、「いちごの杏仁豆腐」、「完熟マンゴープリン」(各税別198円)、「カットフルーツジュレ」(158~178円)など季節性を打ち出した新商品も登場している。

<横浜市場を活用し、新鮮な魚介類提供>
新鮮な魚介類提供

鮮魚は、隣接する横浜市場を活用し、朝どれの新鮮な魚介類を提供。健康志向の世帯に向け、素材、惣菜で魚商品を店舗の一押しとしている。

<新規MDとして強化している魚惣菜>
魚惣菜

新規MDとして強化している魚惣菜、すぐにサラダにできる簡便な海鮮のパック商品が並ぶ。

<すぐにサラダにできる簡便な海鮮パック>
海鮮パック

すぐに食べられる骨取り魚をコーナー化している。

<すぐに食べられる骨取り魚>
骨取り魚

精肉では、肉とソース、ローストビーフの素などの関連販売を実施。

<肉の関連販売、メニュー提案を強化>
メニュー提案を強化

デリッシュキッチンのレシピ動画をデジタルサイネージで紹介し、メニュー提案も行っている。

<酒類とおつまみの関連販売>
酒類とおつまみの関連販売

肉類でも、ローストビーフといったオードブル・おつまみは、ワインなど酒類との関連販売を強化している。

<オードブル・おつまみ>
オードブル・おつまみ

惣菜では、温めてすぐ食べられるパスタ、鉄板焼きデリ、昔ながらの煮物などを用意している。

<パスタデリ>
パスタデリ

また、実験的に、「冷凍カップチャーハン」などセブン-イレブンの商品も導入。

<セブン-イレブンの商品も導入>
セブン-イレブンの商品も導入

ヨークマートだけで買える商品を充実させることで、近隣の競合店との差別化を図る。

<フルーツ甘酒>
フルーツ甘酒

その他にも、飲む点滴と言われ夏でも人気の甘酒は、フレッシュ感じのあるフルーツをミックスさせた「フルーツ甘酒」を豊富に展開。

<麺つゆと乾麺を隣に配置>
麺つゆと乾麺を隣に配置

麺つゆと乾麺を隣に配置するなど、関連販売にも力を入れている。

■ヨークマート/川崎市に初出店「川崎野川店」目標年商24億円
https://www.ryutsuu.biz/report/l061912.html

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧