小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ヤマナカ/フレスポ春日井に「追進店」目標年商14億円

店舗/2019年07月10日

ヤマナカは7月19日、愛知県春日井市の複合施設「フレスポ春日井」に「ヤマナカ追進店」をオープンする。

<ヤマナカ追進店>
ヤマナカ追進店

春日井市は名古屋市に隣接し、自然と都市空間が調和した住みやすい街として近年注目を集め、名古屋市のベッドタウンとして人口も増加している。

できたての惣菜、弁当、握りたての寿司、焼きたてのパンや旬の生魚の対面販売など、おいしさや鮮度にこだわった売場づくりを推進。各部門では調理の手間の少ないお手軽食材、ジム通いをする人にぴったりな健康食材を豊富に取り揃えた。目標年商は14億円としている。

同施設内には、子会社が運営するスポーツクラブ「エグゼノ」、女性専用ホットスタジオ「ソラリエ」も出店している。

惣菜では、定番のお弁当・丼物に加え、昼食に合わせ、温かいカレーライスと豚汁のセルフ販売を実施。ヤマナカ自慢の寿司コーナーでは、旬の地場魚や鮮度抜群のまぐろを使用したにぎり寿司、少量目の商品など品揃えを充実させた。

店内の鉄板で焼き上げた「だし入りたまご焼き」やヤマナカ名物の大判焼き「東海道」を始めとする当店の名物商品を多数取り揃える。フライ・天ぷらなどのばら売り販売も実施する。

ベーカリーでは、あんぱんにホイップクリームをたっぷり入れた「プレミアムあんぱん」、店内で焼き上げた「贅沢なキューブ食パン」、店内のこだわり惣菜を使用した「惣菜パン」などを用意した。

農産品では、簡単便利なサラダセットやカットフルーツを品揃えしている。

水産品は、毎日、名古屋市中央卸売市場より直送する生魚をバラ売りで販売し、毎週土曜日には、三河湾より新鮮な地場魚を直送。鮮度にこだわった朝締めの刺身柵を取り揃えた。

また、健康ニーズに合わせて人気の鯖をコーナー化する。

畜産品では、年々増加するまとめ買いニーズに合わせて大容量商品や冷凍肉を充実させた。

一般食品は、簡便・即食・時短をテーマに、冷凍食品・フリーズドライ・レトルトカレーなどを強化。おかず惣菜・冷凍野菜・冷凍果実など、おいしく便利な冷凍食品を拡充し、個食からファミリー向け商品まで用意している。

ロカボ商品、プロテイン・アミノ酸含有商品などの品揃えも強化している。

酒売場では、日常からハレの日まで、食事に合わせ易く飲みやすいワインからこだわりのワインまでそろえ、各ワインに合わせたチーズなども充実させた。

「ヤマナカ追進店」は春日井市内に4店舗目の出店となり、同社の総店舗数は65店舗となる(2019年7月現在)。

■ヤマナカ追進店
所在地:愛知県春日井市追進町2-1-5 (フレスポ春日井内)
TEL:0568-35-5335
営業時間:9時30分~23時
売場面積:1896.23m2
年間売上目標:14億円
駐車台数:218台(施設共有)
<周辺地図>
周辺地図

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧