小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

大阪・淀屋橋駅/御堂筋に高さ150mオフィス・商業の複合施設

店舗/2019年07月23日

日本土地建物と京阪ホールディングスは7月23日、「淀屋橋駅東地区都市再生事業」の概要を発表した。

<高さ150mオフィス・商業の複合施設>
オフィス・商業の複合施設

同計画は、日本土地建物が所有する日土地淀屋橋ビルおよび京阪ホールディングスが所有する京阪 御堂筋ビルの両敷地を一体化し、共同で建て替えるもの。

2020年既存建物解体開始、2022年新築建物着工、2025年竣工予定となっている。

日土地淀屋橋ビルは、日本土地建物の関西地区における基幹ビルであると同時に御堂筋の玄関口に立地するランドマークビルとして、1961年の竣工以来親しまれてきた。

京阪御堂筋ビルは、1985年築のオフィスビル。京阪ホールディングスは、2026年度までの長期経営戦略に掲げる主軸戦略として沿線の再開発を推進している。

計画地が位置する御堂筋本町北地区は、「大阪駅周辺・中之島・御堂筋周辺地域都市再生緊急整備地域」「 特定都市再生緊急整備地域 」に指定されている。高規格オフィスの実現などの業務機能の高度化を通じ、多様な機能をあわせ持つ国際レベルのビジネス地区を形成することが地域整備方針として掲げられている。

<低層部に商業施設>
低層部に商業施設

施設は、淀屋橋地区では最高となる建物高さ約150mとなる。高規格オフィスの導入を中心に、淀屋橋駅と直結する地下部分を含めた低層部には商業施設を誘致する予定となっている。

また、オフィス、商業施設に加え、新たなビジネス創造を目的とした交流施設を設ける。

大阪のメインストリート御堂筋の玄関口である淀屋橋地区で、地域のランドマークとしてふさわしい風格を備え、多様なビジネス交流やと活力にあふれた都市拠点を整備していく。

■計画概要
所在地:大阪市中央区北浜3-1-1他
敷地面積:約3940m2
容積率:1600%
構造:鉄骨造(一部 鉄骨鉄筋コンクリート造・鉄筋コンクリート造)
規模:地下4階 地上28階
高さ:約150m
用途:事務所、店舗
延床面積:約7万3600m2
<周辺地図>
周辺地図

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧