小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

イオン/「(仮称)イオンモール利府 新棟」2020年冬開業

店舗/2019年07月25日

イオンモールは7月25日、宮城県で開発中のショッピングモール「(仮称)イオンモール利府 新棟」を2020年冬開業すると発表した。

<(仮称)イオンモール利府 新棟>
イオンモール利府 新棟

イオンモール利府(既存棟)は、2000年4月オープン。このほど新棟の建築工事に着工した。

新棟の計画地は、仙台市中心部から北東10kmに位置し、仙台市へのアクセスが良好であることから、仙台市のベッドタウンとして発展。今後も人口増加が見込まれるエリアとなっている。

利府町の中心市街地として商業・業務拠点の形成と、利府駅周辺地区との調和したまちづくりを目的に設立した、利府町新中道土地区画整理事業地内の約14万m2の土地を活用し、地域のにぎわいを生み、魅力あふれるまちづくりの核となるべく、建設を進める。

新棟は、地上3階建てで、延床面積約10万1000m2を予定している。「まだ知らない興奮・感動に出逢う場所」として、「集い・つながり」が生まれ、新たな体験や文化の発信拠点となるべく、エンターテインメントモールを目指す。

既存のイオンモール利府は、「なじみのいつもの喜び・感動に包まれる場所」として、日々のくらしに彩りを加えるデイリーニーズに特化したライフスタイルを提案。東北最大級のにぎわいと感動に溢れた交流空間を創出していく。

■ (仮称)イオンモール利府 新棟
所在地:宮城県宮城郡利府町新中道土地区画整理事業地内
敷地面積:約14万8000m2
延床面積:約10万1000m2
総賃貸面積:約6万9000m2
建物構造:鉄骨造 地上3階建
駐車台数:約3800台
開店予定日:2020年冬

■イオンモール利府(既存棟)
敷地面積:約9万6000m2
延床面積:約8万m2
総賃貸面積:約3万3000m2
建物構造:鉄骨造 地上3階建
駐車台数:約3000台
専門店数:約90店舗

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧