小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

東急/東横線綱島駅構内・高架下に「エトモ綱島」8店オープン

店舗/2020年02月25日

東急は3月16日、東横線綱島駅構内・高架下に「エトモ綱島」(横浜市港北区)をオープンする。

<エトモ綱島>
エトモ綱島

綱島エリアは、2022年度下期の東急新横浜線新綱島駅(仮称)開業を控え、新駅周辺の大規模再開発事業が進むなど、注目度が高まりつつある。「エトモ綱島」は、2016年に鉄道高架橋の耐震補強工事に伴い閉鎖した綱島駅ビル跡地の高架下空間と2018年に閉鎖した駅構内店舗の跡地を一体的に活用した施設となる。

コンセプトを「Re:Tsunashima Sta.」とした。白を基調としたシンプルで統一感のあるデザインにより、駅と商業施設が一体的な空間として生まれ変わることで、変わりつつある綱島を象徴する新たなランドマークとなることを目指す。

<駅と商業施設一体的な空間に刷新>
駅と商業施設一体的な空間に刷新

店舗数は全8店舗で、工事により休業していた3店舗と駅構内で現在営業中の3店舗に、新たな2店舗が加わる。

3月13日「東急ストア」が先行オープン。鮮度と品質にこだわった生鮮食品から、店内手づくりのお弁当、惣菜、焼き立てのパンなど種類豊富にそろう。営業時間は朝7時から25時まで幅広い時間帯とした。

また、コンビニエンスストア「LAWSON」と駅売店「toks」の機能を融合させたエキナカコンビニ「LAWSON+toks」が出店。「おむすび権米衛」「スターバックス コーヒー」「ビアードパパ」「HOKUO」「青山フラワーマーケット」などデイリー使いの店をそろえた。

三角屋根のシンボリックな外観の建物には、約50席を備えたカフェやスイーツ店を新たに誘致。共用スペースには、誰でも利用できるベンチを設け、鉄道高架躯体と建物の間から日の光が入り込む開放的な空間とした。

■「エトモ綱島」概要
所在地:神奈川県横浜市港北区綱島西1-713-1外
店舗数:8店舗(うち新店2店舗)
店舗面積:1068.04m2
https://tokyu-iimise.jp/etomo/

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧