メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

BAKE/東京駅に新業態「バターゴーフレット専門店SOLES GAUFRETTE」

2020年07月07日店舗

BAKEは8月5日、新業態のバターゴーフレット専門店「SOLES GAUFRETTE(ソールズ ゴーフレット)」を東京駅八重洲北口に開業する新スポット「東京ギフトパレット」内にオープンする。

<バターゴーフレット専門店>
バターゴーフレット専門店

バターゴーフレット専門店「SOLES GAUFRETTE」は、フランス生まれの伝統菓子ゴーフルからインスピレーションを得て、「どこまでもバターな一枚」をコンセプトに、伝統的なゴーフルを日本人好みに合わせた軽やかな味わいへと進化させた。

<SOLES GAUFRETTE1号店>
SOLES GAUFRETTE1号店

バターの豊かな風味を最大限に感じられるよう、厳選した素材とこだわりの製法で独特の食感を生み出し、無限の可能性をもつ新しい焼き菓子を目指す。

商品は、手土産にぴったりな「バターゴーフレット」(4枚入税込972円・8枚入1944円)と、工房一体型の店舗ならではの「焼きたてバターゴーフレット」(1枚270円)を用意した。

生地が主役となって誕生したバター ゴーフレットは、風味豊かな発酵バターを使用した、ブリオッシュのような芳醇な香りの生地が特長。同ブランドのために製作した特注の鉄板で、バターをたっぷりと混ぜた生地に熱を入れ、ふわっと膨らませながら焼き上げる製法を採用し、もっちりとしながら歯切れのよい食感の生地に仕上げた。

オーバル形にカットした生地に、3種の砂糖をブレンドしたシャリシャリ食感のバタークリームと、味と香りにアクセントを生み出す濃厚なバニラミルクジャムをサンドした。

<手土産にぴったりな「バターゴーフレット」>
バターゴーフレット

ブランドカラーには、伝統性を表すネイビーと作り手の思いや温かみをイメージしたベージュカラーを据えた。ロゴデザインは、ブランド名を表す「ソール」をイメージし、ゴーフレットを進化させ、歴史に足跡を残したいという思いを込めている。

ブランドネームである「SOLES GAUFRETTE」は、「SOLE=靴底」と「SOLE=唯一無二」という2つの意味を込めた。

商品が出来上がるまでに手間暇をかけて丁寧に作られる製法と、伝統的な製法を残しながらも日本人にも受け入れられやすい香りと食感を追求したクラフツマンが作り上げる独自性を表現しているという。

店舗デザインは、鉄板の焼き型のパターンや線の太さ、素材の選定に試行錯誤した痕跡を、正面のカウンターデザインで表現している。

その痕跡を積み重ねて作った土台で、ゴーフレットの製造から販売までの一連の工程を支えている。

また、1つのゴーフレットが完成するまでに重ねる工程の1つ1つも味わいとなるよう、一連の製造工程が見えるガラス張りの空間に仕上げた。

壁面素材にはバタークリームに入った砂糖を感じる様なザラメのテクスチャーを使用し、ファサードの四隅に曲線を取ることで、商品の質感や形状を思わせる意匠とし、開発の痕跡・製造工程の面白さ・商品の特長を体現するストアデザインを目指した。

さらに、BAKE公式オンラインショップ「BAKE THE ONLINE(ベイク オンライン)」にて、7月7日より先行・数量限定で販売開始した。

■SOLES GAUFRETTE 東京ギフトパレット店
所在地:東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅八重洲北口「東京ギフトパレット」内
オープン日:2020年8月5日
営業時間:9時30分~20時30分(平日)、9時~20時30分(土日祝)※オープン日は10時30開店予定

■オンライン先行販売概要
URL:https://bake-the-online.com/
先行販売期間:2020年7月7日〜7月11日※各日数量限定 ※予定数に達し次第、販売終了。
販売商品/価格:バターゴーフレット8枚入 税込1944円

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年12月01日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方