メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ジョイフル本田/「ニューポートひたちなか店」テナントゾーン大刷新

2020年09月23日店舗

ジョイフル本田は10月1日、茨城県ひたちなか市「ニューポートひたちなか店」のテナントゾーンをリニューアルオープンする。

<ニューポートひたちなか店>
ニューポートひたちなか店

同店は1998年3月オープン。2006年7月にホームセンターに隣接してオープンした複合ショッピングモール「ファッションクルーズ」も含め、ファミリー層が多数来店している。

東京ドーム5.1個分の敷地を持ち、取り扱い商品数は30万点以上の超大型ホームセンターで、ホームセンターエリアは2020年4月に全面改装が完成した。

今回、新たなカテゴリーの品揃えや提案に加え、今回茨城県初出店となるアミューズメント施設の導入も含めたテナントゾーンの大規模リニューアルにより、ファミリー層や若年層へのアピールを図っている。

<テナントゾーン>
テナントゾーン

アミューズメント・専門店エリアでは新規開店5店舗、既存9店舗の計14店舗の構成となり、フードコートエリアでは新規開店4店舗、移転リニューアル3店舗、既存2店舗の計9店舗となった。

<あそびパークPLUS>
あそびパークPLUS

バンダイナムコアミューズメントが運営する茨城県初出店の子ども向けインドアプレイグラウンド「あそびパークPLUS」が登場。プロジェクションマッピングとセンサーを使ったボールフィールド、ひたちなか海浜鉄道とのコラボによる足こぎペダルカー、18カ月までの乳幼児専用のあそび場などがそろう。

そのほか「アミューズメントパーク」、ひたちなか市の駄菓子店「ズンドコ商店」、ブランド品買取「ブラリバ」、メガネ「PASRIS MIKI」が新規オープンする。

テナントゾーンでは、子ども用トイレを新設、多目的トイレに加え、男女トイレ内におむつ交換も可能な大型ブースを設置。女性用トイレにパウダーコーナーを設けた。

フードコートエリアも拡張し、フードコートとレストランを融合した新しい空間作りを目指した。

ソファ席、電源コンセント(USB)、車いすでも利用できる客席、手洗い器に温水マシンなどを設置した。

■ジョイフル本田 ニューポートひたちなか店
所在地:茨城県ひたちなか市新光町34-1
開店年月:1998年3月

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月23日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方