メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ローソン/新潟県の高齢化進む県営住宅で「移動販売」実験開始

2020年10月14日店舗

ローソンは10月21日~11月18日、新潟市の「ローソン新潟駅南店」を拠点として、県営早通南住宅での移動販売の実験を開始する。

今回の実験は、2009年9月にローソンと新潟県の間で締結された包括連携協定のもと、ローソンと新潟県庁若手職員有志による共同事業として実施する。

<移動販売イメージ>
移動販売イメージ

毎週水曜日13時~15時の間に、県営早通南住宅の駐車場で移動販売を行う予定だ。

県営早通南住宅は高齢化が進んでおり、日々の買い物に不便を感じている入居者の利便性向上と、地域住民の交流機会の創出を目指す取り組み。新潟県内の県営住宅で、民間企業と新潟県の共同事業として移動販売が行われるのは、今回が初めてという。

今回の取り組みでは、移動販売車が、県営早通南住宅の駐車場で、惣菜、牛乳、玉子、納豆、日用品など約300品目を販売する。また、社会福祉法人 愛宕福祉会が運営する障がい者就労支援事業所で手作りした菓子や手芸品、地元商店「紀の屋」で取り扱いしている青果の販売も行う。

ローソンでは、現在37都道府県において、四温度帯の移動販売車による移動販売と軽バンによる常温商品の移動販売を実施しており、今回の実験により106台の車両で行うことになる。また、新潟県内での移動販売は2例目となる。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月27日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方