ユニクロ/銀座・旗艦店に「セオリー」「コントワー・デ・コトニエ」売場

2020年10月14日 15:40 / 店舗

ファーストリテイリンググループのセオリーとコントワー・デ・コトニエは10月23日、ユニクロのグローバル旗艦店「UNIQLO TOKYO」の一部に、売場をオープンする。

ユニクロのグローバル旗艦店「UNIQLO TOKYO」は、「LifeWearのすべてをここに」をコンセプトに、最新の商品、サービスを発信する店舗として、今年6月にオープンした。

「LifeWear」は、あらゆる人々のライフスタイルのニーズを満たす、完璧な服づくりを目指すファーストリテイリンググループのコミットメント。今回、オープンするニューヨークのコンテンポラリーブランドであるセオリー、フランス・パリを代表するブランド、コントワー・デ・コトニエの売場では、ユニクロと同じく高品質で着心地の良さを持つ服がそろう。

LifeWearのすべてが詰まった「UNIQLO TOKYO」で、ユニクロ、セオリー、コントワー・デ・コトニエの3つのブランドの服を自由にコーディネートして購入できる。

■Theory TOKYO、COMPTOIR DES COTONNIERS TOKYO
住所:東京都中央区銀座3-2-1 マロニエゲート銀座2
1階(セオリー)2階(コントワー・デ・コトニエ)
売場面積:各約66.12m2
取扱商品:セオリー メンズ、ウィメンズ/コントワー・デ・コトニエ ウィメンズのみ

流通ニュースでは小売・流通業界に特化した
B2B専門のニュースを平日毎朝メール配信しています。

メルマガ無料登録はこちら

株式会社ファーストリテイリングに関する最新ニュース

一覧

店舗 最新記事

一覧

ユニクロに関する最新ニュース

一覧

銀座に関する最新ニュース

一覧

旗艦店に関する最新ニュース

一覧

最新ニュース

一覧