メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

三菱地所/大阪駅前うめきた2期工事着手、商業・オフィス・ホテル複合施設

2020年12月21日店舗

三菱地所を代表企業とするうめきた2期開発事業者JV9社は12月21日、「(仮称)うめきた2期地区開発事業」の工事に着手すると発表した。

<(仮称)うめきた2期地区開発事業>
(仮称)うめきた2期地区開発事業

うめきたプロジェクトは、大阪駅前の貨物ヤード跡地にて大規模複合開発を進めている。2013年にグランフロント大阪を開業した先行開発区域に続き、うめきた2期地区開発プロジェクトとして、約4万5000m2の都市公園を含む、オフィス、商業施設、ホテル、住居がそろう新たな街が誕生する。

「みどり」と融合した生命力あふれる都市空間、イノベーション活動の起点となる施設、市⺠や企業など、さまざまな人々が新しい活動にチャレンジできる場や仕組みをつくり、活力に満ちた創造的なライフモデル「Osaka MIDORI LIFE」を発信する。

<配置図>
配置図

2024年夏ごろ先行まちびらき(一部民間住宅・都市公園)、2027年度全体開業の予定だ。

予定地は、JR大阪駅をはじめとした7駅13路線利用可能で、関西広域からの高いアクセス性を持つ。南北の都市公園、西口広場と一体となった大規模な緑化空間もあり、ランドスケープは世界的に活躍するGGNが担当する。

2023年春にJR西日本が開業予定の「うめきた(大阪)地下駅」は、「関空特急はるか」などが停車し、関西圏の主要鉄道を結ぶ新たなターミナル駅。特に、関西国際空港、新大阪駅へのアクセスが飛躍的に向上し、2031年には「なにわ筋線」の開通(予定)により、難波エリアにも接続する。

将来的には、阪急電鉄による「なにわ筋連絡線・新大阪連絡線」(JR「うめきた(大阪)地下駅」から十三・新大阪方面へつながる新線)が計画されているなど、さらなるアクセスの向上を見込む。

<予定地の現状>
予定地の現状

新駅の整備により、世界との交流拠点となる南街区は、レストラン、ショップ、近隣住民、オフィスワーカーなどの交流の場を設ける。

<レストラン、ショップなども整備>
レストラン、ショップ

南街区地階1階〜3階約1万2500m2、南街区・東棟3階、4階「都市型スパ」約6000m2、北街区1階、2階約3000m2の商業空間となる。

北街区は、自然豊かな北公園、グランフロント大阪のナレッジキャピタルとうめきた2期エリアの中核機能をつなぐ。

また、南街区賃貸棟の東棟3階~4階には、「神戸みなと温泉 蓮」「ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド」などを運営するラスイートが、関西最大級の都市型スパを出店する。

<屋外温水プール>
屋外温水プール

3階は、健康増進サロン、大浴場、サウナ、岩盤浴・溶岩浴、フィットネスジム、プール(屋外、屋内)、4階はレストラン、リラクゼーションラウンジ、各種マッサージなどがそろう。

健康や美容、運動、リラクゼーション設備を総合的に網羅した日本屈指のウエルネス拠点として世界が注目する都市型スパを目指す。

そのほか、総貸室面積約10万9000m2の大規模オフィスを用意した(南街区・西棟6階〜27階、南街区・東棟5階〜17階)。

国などのイノベーション支援機関の入居を想定したオフィス、会議室・講義室などから構成されるプラットフォーム施設、イノベーション創出を事業とする企業などが位置する場所として、コワーキングスペース、SOHO、交流スペースなどを有したイノベーション施設を整備する(南街区・西棟4階「MICE施設」、北街区・賃貸棟1階~9階、都市公園・中核施設)。

都市公園では多様なアクティビティが展開。南エリアは「リフレクション広場(芝生広場と水景)」を中心に多くの人が集う賑わいの空間に、北エリアは「うめきたの森」を含む緑豊かな自然を感じられる憩いの空間になるという。

南北の公園を「ひらめきの道(空中デッキ)」で結ぶとともに、地上部は「ステッププラザ」が設けられ、道路と公園が連続したデザインとして南北の一体化を図る。

■うめきた2期地区開発事業プロジェクトウェブサイト
https://umekita2.jp/

■うめきた2期地区開発事業
計画地:大阪駅北大深西地区土地区画整理事業区域内6街区他
地区面積:約9万1150m2(都市公園含む)
都市公園:約4万2000m2(大阪市北区大深町地内)
南街区賃貸棟:敷地面積約2万5260m2、延床面積約31万4250m2、西棟地上39階・地下3階、東棟地上28階・地下3階
北街区賃貸棟:敷地面積約8400m2、延床面積約6万4200m2、地上26階・地下3階
南街区分譲棟:敷地面積約5170m2、延床面積約9万3000m2、地上51階・地下2階
北街区分譲棟:敷地面積約7320m2、延床面積約8万5000m2、地上47階・地下1階

■商業機能
南街区賃貸棟:西棟・東棟地下1階~3階、店舗面積約1万2500m2
南街区賃貸棟:東棟3階~4階都市型スパ・店舗面積約6000m2
北街区賃貸棟:1階~2階、店舗面積約3000m2

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2021年01月24日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方