メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

大京、大和ハウス工業/岐阜市で「住・商・公」官民一体の複合再開発に参加

2021年04月08日店舗

大京と大和ハウス工業は4月10日、岐阜県岐阜市の「高島屋南地区第一種市街地再開発事業(柳ケ瀬グラッスル35)」において建築中の分譲マンション「ライオンズ岐阜プレミストタワー35」のマンションギャラリーの一般公開を開始する。

<ライオンズ岐阜プレミストタワー35外観イメージ>
20210408daikyo1 - 大京、大和ハウス工業/岐阜市で「住・商・公」官民一体の複合再開発に参加

高島屋南地区第一種市街地再開発事業(柳ケ瀬グラッスル35)の一環で、柳ケ瀬グラッスル35は、高島屋南市街地再開発組合が施行者として、岐阜県岐阜市柳ケ瀬の南玄関口で推進している事業となる。

1、2階は商業施設、3、4階は岐阜市が整備する公益的施設。3階には、運動を通じた健康づくりを支える健康・運動施設や岐阜市中保健センターを、4階には遊びを通じた子どもの成長と子育てをサポートする子育て支援施設を整備する予定だ。

分譲マンション「ライオンズ岐阜プレミストタワー35」は5階~35階に位置し、柳ケ瀬エリアのランドマークとして、中心市街地活性化の実現を目指す。「住・商・公」官民一体の複合再開発の「住」を担い、地上35階建て、岐阜県最大の総戸数335戸のタワーマンションとして、2023年3月の入居開始を目指す。

<柳ケ瀬グラッスル35(イメージ)>
20210408daikyo2 - 大京、大和ハウス工業/岐阜市で「住・商・公」官民一体の複合再開発に参加

建物の高さは約130m、東・北側の上層階からは眼前に秀麗な金華山を眺めることができる。西・南側は隣接建物がなく濃尾平野、名古屋方面見渡せる。

夜間は建物最上部のウィングをライトアップし、日中は各邸の開口部のガラス面が太陽光を反射することで、岐阜都心に新たな光をもたらすようなデザインとなっている。

■物件概要
所在地:岐阜県岐阜市徹明通二丁目18番(地番)
交通:名鉄名古屋本線・各務原線「名鉄岐阜」駅徒歩11分
JR東海道本線・高山本線「岐阜」駅 徒歩13分
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
規模:地下1階、地上35階、住宅は5階~35階
駐車場:1階~8階に自走式立体駐車場
※駐車場のうち住居者用は4階~8階
総戸数:335戸(地上5階~35階、非分譲住戸36戸を含む)
専有面積:46.90m2~156.32m2
間取り:1LDK~4LDK
駐車場:399台
※399台のうち住居者用は303台
着工:2019年10月
竣工:2023年2月(予定)
入居開始:2023年3月(予定)
売主:大京、大和ハウス工業

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2021年04月11日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方