小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

コープネット/店舗専用の惣菜工場開設

コープネット事業連合は3月26日、コープネットグループ初となる店舗専用の惣菜工場「コープネット大宮デリカセンター」(埼玉県さいたま市北区)を開設し、実験稼動を開始する。

<コープネット大宮デリカセンター>

同センターでは、惣菜商品の需要の多様化に対応するため、顧客ニーズに応えたコープならではの商品開発を行い、原料調達から販売までのバリューチェーン構築を進める。

これまで店舗内で製造していた惣菜のうち、おにぎり、白飯、巻き寿司、おはぎ、いなり、煮物、サラダの一部を製造し、作業を集中化することで、店舗作業を軽減する。

第1弾として、3月26日から、一部の店舗でインストア製造している「手作りおにぎり」(手巻きおにぎり、直巻おにぎりの2種11アイテム)を同センターの製造に切り替える実験を始める。

6月以降にはコープネットグループ5生協のスーパーマーケット(SM)型の全82店舗に供給を予定している。

■コープネット大宮デリカセンター施設概要
所在地:埼玉県さいたま市北区吉野町2-284-2
延床面積:1階約422m2、2階約521m2、合計約943m2
取扱商品:米飯・寿司、温惣菜、冷惣菜など

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧