小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

アサヒ/青島ビールの株式売却へ

アサヒグループホールディングスは10月12日、同社が保有する青島ビールの株式の全部または一部を第三者に譲渡する検討を開始した、と発表した。

同社は、グループ全体のありたい姿や事業の将来像を示す「長期ビジョン」を設定するとともに、その実現に向けた「中期経営方針」に基づいて、企業価値向上経営の更なる深化を目指している。

「長期ビジョン」における事業の将来像としては、「酒類を中核とする総合飲料食品グループとして、国内では、高付加価値化を基軸とするリーディングカンパニーを目指すとともに、日本発の「強み」を活かすグローバルプレイヤーとして独自のポジションを確立する」ことを掲げている。

また、「中期経営方針」における国際事業の重点課題には、「既存事業のブランド強化・育成を軸とした成長戦略の推進」や「強みを活かす新たな成長基盤の獲得」をあげ、昨年来、SABMiller plc の西欧事業や中東欧事業を取得するなど、国際事業の成長エンジン化を推進。

一方で、持続的な企業価値向上への貢献を判断基準として、「資産効率を重視した事業ポートフォリオの再構築」にも取り組んでおり、今回、中国のビール事業への投資についても再検討した結果、青島ビール株式の全部または一部の譲渡について検討を開始した。

譲渡対象の青島ビール株式(香港証券取引所上場株式:H株)は2億7012万7836株、発行済株式の約19.99%。

青島ビールの2016年12月期売上高261億634万4000元、純利益11億569万8000元。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧