小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

二子玉川ライズ/2017年度売上は過去最高、来館者3168万人

東京急行電鉄と東急不動産が運営する「二子玉川ライズ・ショッピングセンター」は、2017年度(2017年4月~2018年3月)における全館を通じた売上・来館者数が、全館グランドオープンした2015年度以降、2年連続で過去最高を記録した。

<二子玉川ライズ・ショッピングセンター>

2017年度のテラスマーケットを含めた全館の売上は412.7億円(前年比2.2%増)、来館者数は3168万人(1.5%増)となった。

2011年春に開業したタウンフロントを中心にMDを見直し、注目の新店舗を多数誘致したことや、2015年春にグランドオープンしたテラスマーケットなどの好調が続いていることで、売上・来館者数を伸した。

<多彩なイベントを開催>

さらに、年間約230件におよぶ「二子玉川」らしい多彩なイベントを、数多く開催し、集客だけでなく施設全体のブランド力向上に寄与したと分析している。

今後も買い物による“モノ消費”だけでなく、ここでしかできない体験を通じた“コト消費”も生み出す施設として、近隣施設や街の方々と手をたずさえて二子玉川エリアの魅力を高め、東急線沿線の価値向上に努める。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧