メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

セーブオン/8月末で全店閉店、ローソンに業態転換

2018年08月02日経営

セーブオンは8月1日、群馬県内の「セーブオン」159店を、8月31日朝に閉店すると発表した。

<セーブオンの店舗>
セーブオンの店舗

ローソンと2017年1月にメガフランチャイズ契約を締結しており、閉店店舗は、今後、ローソン店舗に業態転換する予定だ。

セーブオンとローソンは2012年8月~2017年1月に、富山・長野・茨木・福島・山形の5県で82店を順次、ローソン店舗に転換していた。

2017年2月には、群馬・栃木・新潟・埼玉・千葉におけるメガフランチャイズ契約を締結し、「セーブオン」503店を順次、ローソンに業態転換する計画を発表している。

現在、セーブオンは、山形、福島、茨城、新潟、埼玉、千葉、栃木で247店のローソンをメガフランチャイズ契約で運営している。

今回、閉店する159店については、セーブオンのフランチャイズ加盟店も多いため、ローソンへの業態転換店舗数については協議中だという。

店舗名称として「セーブオン」は消滅するが、運営会社としてのセーブオンの社名は継続する。

今後は、メガフランチャイズ契約に基づき、ローソンの出店を行っていくという。

2017年2月期のセーブオンのチェーン全店売上高は526億106万円だった。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年11月30日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方