小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

フレッシュネス/軽減税率後も「店内飲食・持ち帰り」税込同一価格に

経営/2019年08月28日

コロワイドグループのフレッシュネスは8月28日、自社が展開するハンバーガーチェーン「フレッシュネスバーガー」の軽減税率導入後の対応を発表した。

<軽減税率対応の概要>
軽減税率対応の概要

軽減税率導入後の10月1日から、現行の税込価格を維持し、店内飲食と持ち帰りの場合で、お客が支払う価格を統一する「税込同一価格」とする。価格表示は、これまで通り税込価格を維持する。

消費税の10%引き上げにともない、導入される軽減税率制度では、店内飲食は外食となり10%の税率が適用されるが、持ち帰りは食品の販売で8%の税率が適用される。

例えば、現在、税込価格500円の「クラシックバーガー」は、本体価格463円・消費税8%37円となっている。軽減税率導入後は、店内飲食では本体価格455円・消費税10%45円、持ち帰りでは本体価格463円・消費税8%37円で、どちらも税込価格500円となる。

今後も「大人がくつろげるバーガーカフェ」として、お客に「日常の贅沢」を体感できるような、店舗作りに務めるという。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧