メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

フランチャイズチェーン/2018年はチェーン数減少も売上・店舗数増加

2019年08月30日経営

日本フランチャイズチェーン協会は8月28日、2018年度「JFAフランチャイズチェーン統計調査」を発表した。

調査によると、2018年度の日本国内のフランチャイズチェーン数は、1328チェーンで、昨年より11チェーン減(前年比0.8%減)となった。

国内の総店舗数(直営店と加盟店の合計)は26万4556店で、昨年より1066店増(0.4%増)と、10年連続で増加した。売上高は26兆2118億円で、昨年より6520億円増(2.6%増)と、9年連続の増加となった。

小売業全体では、チェーン数は8チェーン減(2.4%減)、店舗数は537店増(0.5%増)、売上高は3970億円増(2.2%増)であった。

そのうちコンビニエンスストアは、チェーン数は4チェーン減(18.2%減)、店舗数は384店舗増(0.7%増)、売上高では2382億円増(2.2%増)であった。企業の統廃合により、チェーン数は減少、店舗数は微増だった。

今回の調査で、フランチャイズを展開するコンビニエンスストアは全て会員社となった。

外食業では、チェーン数は8チェーン減(1.4%減)、店舗数は811店減(1.4%減)、一方、売上高は749億円増(1.8%増)だった。

サービス業では、チェーン数は5チェーン増(1.2%増)、店舗数は1340店増(1.4%増)、売上高は1801億円増(5.7%増)となった。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年12月05日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方