小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

オークワ/創業家出身「大桑弘嗣」専務が代表取締役副社長に昇格

オークワは1月28日、代表取締役の異動を発表した。2月21日付で、創業家出身の大桑弘嗣専務取締役執行役員営業本部長が、代表取締役副社長兼営業本部長に就任する。

大桑弘嗣は、大桑育嗣代表取締役会長兼CEOの長男。

<副社長に昇格する大桑弘嗣氏>
新社長の大桑弘嗣氏

また、よりフラットで迅速な経営判断を推進するため、これまでの役職であるCEO(最高経営責任者)、COO(最高執行責任者)を廃止する。

2月21日付で、大桑育嗣代表取締役会長兼CEOは取締役会長、神吉康成代表取締役社長兼COOは代表取締役社長に就任する。

現在、オークワは2019年度から2021年度までの中期経営計画を推進しているが、中長期を見据えた経営戦略(ターゲットオークワ2030)の構築を同時進行していくうえで、代表取締役の異動を行い新体制で推進することとしたという。

■大桑弘嗣(おおくわひろつぐ)氏のプロフィール
生年月日:1970年4月23日(49歳)
略歴
1996年12月:オークワ入社
2002年8月:箕島店店長
2004年2月:食品事業部水産シニアバイヤー
2006年2月:開発本部次長
2007年9月:財務部次長
2010年2月:業務改革室ゼネラルマネージャー
2013年5月:取締役執行役員食品事業部長
2016年2月:常務取締役執行役員人事総務本部長
2019年2月:専務取締役執行役員営業本部長

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧