小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ドン・キホーテ/2030年売上高3兆円、営業利益2000億円目指す

経営/2020年02月06日

ドン・キホーテなどを運営するパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(PPIH)は2月5日、新中長期経営計画「Passion2030」を発表した。

<PPIH吉田直樹社長>
PPIH吉田直樹社長

2030年に売上高3兆円、営業利益2000億円を目標に設定。売上国内2兆円、海外1兆円体制とし、低コスト体質に改善、収益力を向上させる。

プライベートブランドを強化した商品戦略、ダイナミックプライシングなどデジタル施策の強化、顧客最優先主義を支える人材教育で、低コスト・高収益の構造改革へシフトする。

<長期経営計画「Passion2030」>
長期経営計画「Passion2030」
※2月5日発表「Passion2030」資料より

2月6日行われた事業説明会で、吉田直樹社長は「2019年は1年前倒しで前回の中計目標、売上高1兆円、店舗数500店などを達成した。これからの10年も短い期間で仮説と検証を繰り返し、戦い続ける組織にしていく。世の中の変化に対応、拡大前提の成長戦略から新たな段階に入り、私の任期中に売上高2兆円、営業利益1000億円を達成したい」と話した。

店舗戦略では、業態の住み分けで稼ぐ力を最大化。若年層・外国人向けの非食品・広域商圏のドン・キホーテ、ニューファミリー向け非食品強化・広域商圏の「MEGAドン・キホーテ」、ミドル・シニア向け食品メインの「アピタ」「ピアゴ」に加え、狭小圏向けなど新業態を開発する。

東南アジアで、食のSPA業態開発のためのサプライチェーンを構築(PB・物流の強化)。「DON DON DONKI」業態のさらなる拡大を図る。アメリカでも、「DON DON DONKI」業態で磨いた日本食部門を導入していく。

商品戦略では、NBで開発できないゾーンをターゲットに、幅広いカテゴリを開発。「情熱価格」「StyleONE」「PrimeONE」それぞれ潜在需要に応え、特に「食」を強化し、プライベートブランド開発を行う。

また、店舗のデジタル化を推進。経験を科学したAIと、従来の「KKD(勘、経験、度胸)」を組み合わせたプライシングを取り入れることを明らかにした。AIと従来の経験の値付けどちらかを店に選択させ、店舗間の競争で盛り上げる。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧