メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

紀ノ国屋/「野菜栽培システム」店舗でとれたてを提供

2020年02月27日経営

紀ノ国屋は2月26日、ベルリン発「次世代型地産地消」コンセプトにした野菜栽培システム「InFarm」を今夏導入すると発表した。

<インファームで食品ロス削減>
インファームで食品ロス削減

2013年ドイツ・ベルリンで開発された「InFarm」(インファーム)は、最先端の研究開発と様々な分野の一流の専門家からなるチームによって、都市の食糧自給を促進し、食品の安全性、品質、そして環境負荷を大きく改善することを目指している。IoT技術と機会学習技術を生かした栽培ユニットにより、とれたての野菜を提供している。

今回、紀ノ国屋への導入はインファームとJR東日本との資本提携により実現。ハーブ類やレタス類を中心に現在、品ぞろえを検討している。

<ハーブ、レタスなどを扱う予定>
ハーブ、レタスなどを扱う予定

店舗に栽培ユニットを設置することで、産地からの輸送で生じる二酸化炭素排出量、流通過程で起きる劣化など廃棄ロス削減につなげたい考えだ。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年11月29日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方