メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

マックスバリュ東海/2022年度営業収益3700億円、営業利益110億円目標

2020年04月16日経営

マックスバリュ東海は4月10日、「中期経営計画」(2020年度~2022年度)を発表した。

最終年度の2023年2月期には、営業収益3700億円、営業利益110億円、営業利益率3.0%を目指す。2021年2月期の営業収益は2715億円、営業利益は71億円だった。

<2022年度には営業収益3700億円目標>
2022年度には営業収益3700億円目標
※出典:決算・中期経営計画発表会資料(以下同)

同日WEBで行われた決算・中期経営計画発表会で神尾啓治社長は、「マックスバリュ中部との統合シナジーをさらに強化、新店・改装に3カ年で約260億円投資し、愛知県三河・静岡県中西部の空白エリアでのドミナント構築、既存店の改装を
進める」。

「食のSPA、フードサービス事業への変革を目指し、魅力ある商品づくり、物流コスト改善、ネットスーパーの拡大、店舗運営の効率化などを図る」と説明した。

<新店・改装に約260億円投資>
新店・改装に約260億円投資

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年08月15日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方