メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ウオロク/チラシ特売自粛、外出自粛の影響を受けた生産者の販売支援

2020年04月22日経営

ウオロクは4月21日、新型コロナウイルス感染症が拡大する中、ウオロクでは店内におけるお客の密集緩和のため、当面の間チラシの折り込みとホームページへの掲載を自粛すると発表した。

チラシ特売の再開については、今後の状況を鑑み判断する。ウオロク店頭とホームページなどで発表する。

また4月20日、新型コロナウイルス感染拡大予防対策を更新した。

営業時間は、全店において可能な限り通常通りの営業を継続し、地域のお客のライフラインとしての役割を果たす。感染拡大の防止を念頭に、今後の対応については柔軟に検討する。一部テナント店舗では営業時間の変更がある。

店舗での感染予防対策として、店舗出入口等へのアルコール消毒液の設置し、有人・無人試食を中止した。惣菜、ベーカリーでのバラ(裸)売りの中止し、「袋詰め」または「パック詰め」で販売している。

ショッピングカート、買物カゴの持ち手のアルコール消毒を全店で定期的に実施している。また、トイレ内のジェットタオルの使用中止、レジでの金額登録時の読み上げを中止している。

<レジで間隔を確保>
レジで間隔を確保
出典:ウオロクホームページ

レジで並ぶお客の密接を防ぐための間隔確保のお願いをしており、並ぶ目安ラインの設置と掲示物や店内放送での呼びかけを実施している。

イートインスペースの席の間引き(設置店舗のみ)、週末・祝祭日のカゴセットタイプのマイバッグを含む袋詰めを中止。レジでの待ち時間緩和のため、お客に袋詰めをお願いしている。ただ、袋詰めが困難な人については、従来通りサポートをしている。

また、レジに飛沫感染予防フィルムを設置した。

従業員の感染予防対策として、全従業員の毎日の検温等による健康チェックの実施、手洗い・アルコール消毒の徹底、本社勤務者含む全従業員のマスクの着用を行っている。

そのほか、会議・研修等の中止または延期、規模の縮小、県外出張の原則禁止、取引先への店舗入店・本社入館時のアルコール消毒とマスクの着用のお願いをしている。

一部商品の販売数量の制限をしているほか、外出自粛の影響を受けている生産者、製造者の商品の販売支援を行っている。販売店舗、期間、対象商品等は入荷状況により異なっている。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年08月15日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方