メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

人手不足倒産/上半期過去最大の253件「後継者難」が急増

2020年07月09日経営

東京商工リサーチは7月8日、2020年上半期(1~6月)の「人手不足」関連倒産は、253件(前年同期比33.1%増)となったと発表した。

集計を開始した2013年以降、上半期としては2019年(190件)を抜き、最多記録だった。

<人手不足倒産月次推移>
人手不足倒産月次推移
※東京商工リサーチ調べ

内訳は、代表者や幹部役員の死亡、病気入院、引退などの「後継者難」が194件(前年同期108件)で、1.8倍増(前年同期比79.6%増)と急増した。

次いで、人手確保が困難で事業継続が難しい「求人難」が26件(前年同期47件)、中核社員の独立、転職などで事業継続に支障が生じた「従業員退職」が19件(同20件)、賃金等の人件費アップから収益が悪化した「人件費高騰」が14件(同15件)となっている。

業種別では卸売業35件、小売業27件で人手不足倒産

産業別では、最多が建設業の58件(前年同期比75.7%増、前年同期33件)。続いて、サービス業他56件(同11.1%減)、製造業39件(同77.2%増)、卸売業35件(同84.2%増)、小売業27件(同58.8%増)、運輸業15件(同16.6%増)。前年同期に最多のサービス業他は構成比を11.0ポイント下げた(33.1%→22.1%)。

地区別最多は関東87件・都道府県別最多は東京都31件

地区別は、全国9地区のうち、7地区で前年を上回った。

最多は関東の87件(前年同期74件)で、近畿(同25件)と九州(同35件)が各37件、中国23件(同9件)、東北19件(同11件)、北海道14件(同5件)、北陸7件(同1件)が続く。減少は四国7件(同8件)のみで、中部は前年同期と同数の22件。

都道府県別は、東京都31件(前年同期36件)、大阪府(同11件)と福岡県(同16件)が各18件、北海道(同5件)と広島県(同5件)が各14件、新潟県12件(同1件)となっている。

6月の「人手不足」関連倒産は35件

2020年6月の「人手不足」関連倒産は35件(前年同月比14.6%減、前年同月41件)で、5月に続き2カ月連続で前年同月を下回った。内訳は、「後継者難」が27件(前年同月24件)、「従業員退職」が4件(同4件)、「人件費高騰」が3件(同3件)、「求人難」が1件(同10件)だった。

産業別は、サービス業他が11件(前年同月19件)で最多だった。次いで、建設業8件(同5件)、小売業5件(2件)、製造業(同5件)と不動産業(同2件)が各3件、情報通信業2件、農・林・漁・鉱業と卸売業、運輸業が各1件となっている。

地区別では、全国9地区で倒産が発生した。

最多は九州の8件(前年同月5件)で、関東(同17件)と近畿(同4件)が各7件、中国4件(同4件)、中部3件(同3件)、北海道(同1件)と東北(同3件)が各2件、北陸(同ゼロ)と四国(同4件)が各1件と続いている。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年08月14日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方