流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





デニーズ/山梨県と連携「国産FSC森林認証紙ストロー」導入

2020年08月19日 11:40 / 経営

セブン&アイ・フードシステムズは8月20日、山梨県甲府市内のデニーズで、山梨県産の木を使用した「FSC森林認証の紙ストロー」を導入する。

<「国産FSC森林認証紙ストロー」導入>
「国産FSC森林認証紙ストロー」導入

デニーズでは2018年より、ドリンクバーのプラスチック製ストローを撤去。要望がある場合、環境配慮型の生分解性プラスチック使用のストロー(PLAストロー)を提供している。

今回、山梨県内で生産された日本初の国産FSC認証紙ストロー(特定非営利活動法人「マイプラ対策室調べ)を、同県内のデニーズで導入するもの。

FSC森林認証は、森林減少など世界の森林が抱える問題や市民の環境意識の高まりを背景として、1994年に設立された国際的な森林認証制度となる。

この国産FSC認証ストローにはカーボン・オフセットの仕組みで 山梨県が創出したオフセット・クレジットが活用されており、PLAストローに代えて使用することで、プラスチック対策にとどまらず、森林保護、CO2削減など幅広い環境負荷低減に貢献するという。

山梨県の障がい者就労支援事業窓口「ジョブクリエーター」で最終加工している。そのため、このFSC認証製品をデニーズ店舗で仕入れ、使用することは山梨県の障がい者就労支援にもつながっている。

8月20日より甲府市内のデニーズ3店舗(デニーズ甲府北店、甲府中央店、甲府東店)、24日より山梨県内の4店舗(デニーズ甲府昭和通り店、山梨櫛形店、韮崎店、山中湖店)、以上県内全7店舗に順次導入していく。

関連記事

関連カテゴリー

経営 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧