メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ファミリーマート/店舗再生で日商10%改善、約100店再FC化に目途

2020年10月07日経営

ファミリーマートは10月7日、不振店の再生を担うため3月1日付で設置した「店舗再生本部」(東日本・西日本)の実績を公表した。

店舗再生本部は、低収益店舗の日商・収益力の向上を目的とした組織で、再生前後を比較すると、再生対象店舗の平均日商は10%改善した。

現在、店舗再生本部では約200店を受け入れているが、期末までに約100店を再フランチャイズ化できる見込みだ。

また、再生中にストアスタッフの戦力化も推進し、フランチャイズ化後も持続可能な店舗運営環境を整備するという。

地域戦略では、エリア本部主導で個々の地域特性を活かした店舗づくりを推進した。加盟店参加型の地域限定商品の開発や東北6県、北海道・沖縄フェアといった地域フェアを実施した。ファミペイ会員対象の地域限定クーポンも配信した。

また、秋田などでは、地方自治体の地域振興プロジェクトとの連携を実施。政府経済支援策「GoToトラベル」「GoToイート」キャンペーンとの連携も行っている。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月22日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方