メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ローソン/クリスマスケーキ寄贈、食品ロス削減

2020年12月21日経営

ローソンは12月23日~25日のクリスマスの時期に合わせ、全国フードバンク推進協議会、京都府が開設している「きょうとフードセンター」を通じて、食品の支援を必要としている全国各地の家庭、こども食堂・児童養護施設などに、店頭で予約販売しているクリスマスケーキ「和栗のモンブラン」の余剰となった76個を寄贈する。

この数は「和栗のモンブラン」製造数の約0.6%にあたる。

予約販売のクリスマスケーキの一部には予約終了前に製造するものがあり、それらの商品は、前年実績、日々の予約状況から製造数量を調整しているものの一部余剰となってしまうことがある。

今回の取り組みでは、従来は物流センターにおいて廃棄となっていたクリスマスケーキを、クリスマスの時期に合わせて東京都、京都府、滋賀県、熊本県のフードバンク4団体に寄贈。その後対象の家庭、施設などに届けられるという。

ローソンのクリスマスケーキで楽しいクリスマスを過ごしてほしいとの思いから、メーカー、物流センターの協力のもと実現した。同時に、消費期限は残っているものの店舗への納品期限を迎えてしまったローソンのプライベートブランド「プレミアムハンバーグ」3840個を、12月24日、25日に全国のフードバンク9団体へ寄贈する予定だ。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2021年01月21日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方