小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

日本IBM/サントリービジネスエキスパートに新たなBPOサービス提供

日本IBMは9月8日、サントリービジネスエキスパートの経理業務におけるビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)に、新たにロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)を提供した、と発表した。

RPAは、人の介在を必要としてきた定型的な業務を自動化するソリューションで、入力作業の省力化や品質向上を実現。

サントリービジネスエキスパートは、これまで、支払伝票の入力、承認、全件精査業務をIBMにアウトソーシングしてきたが、新たな取り組みを行うことで大幅な業務効率化を目指す。

両社は、新たに5年間の契約を締結している。

サントリービジネスエキスパートは、サントリーグループの各事業会社に共通する業務・機能を集約して効率化し、サントリーグループの経営課題の一つであるコスト削減に取り組んでいる。

経理業務については日本IBMのBPOを利用してきたが、グローバル展開の加速化やビジネス・スピードに対応するため、さらなる効率化や品質向上が求められており、自動化テクノロジーを適用することになった。

新たなBPOサービスは、OCR(光学的に文字を認識しコンピューターが処理できる形式に変換する仕組み)による自動認識や、現行業務との連携を支援するIBMのロボティクスを適用。

1か月あたり約5万件の支払い伝票の入力において、従来の手入力ではなく、自動処理を採用する。

これにより、作業時間の削減と、入力ミスの軽減による品質向上を図ることができ、主要な4種の伝票において約20%の業務効率化を実現した。

サントリービジネスエキスパートでは、すでに経理業務の標準化を進めてきたためルールも整理され、自動処理の導入においてもスムーズに移行できており、今後さらに対象を拡大し、50%を超える効率化を目指す。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧