メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

イオン/書籍『イオンを創った男』で取材受けずと抗議

2021年11月01日経営

イオンは10月29日、プレジデント社が10月1日に発行した書籍『イオンを創った男』東海友和著について、抗議文を発表した。

イオンによると、「書籍は、イオン及びその役員について書かれた出版物であるが、発刊にあたり著者やその関係者から、自社と名誉会長相談役の岡田卓也氏個人への取材は一切受けていない。本来であれば予め承諾を得るべき事案でありながら、基本的実務の過程も経ずに刊行された本書には、イオンとして甚だ違和感を覚えている。今後もイオンは、これまで同様、正確な情報を発信する」という。

著者の東海友和市は、三重県生まれ。岡田屋(現イオン)で人事教育を中心に総務・営業・店舗開発・新規事業・経営監査などを経て、創業者小嶋千鶴子氏の私設美術館の設立にかかわった。美術館の運営責任者として数々の企画展をプロデュース、後に公益財団法人岡田文化財団の事務局長を務めた。

その後独立して現在、東和コンサルティングの代表取締役、公益法人・一般企業のマネジメントと人と組織を中心にコンサル活動をしている。特に永年創業経営者に師事した経験から得た、企業経営の真髄をベースにした、経営と現場がわかるディープ・ゼネラリストをめざし活動を続けているという。

2018年10月30日に、『イオンを創った女―評伝 小嶋千鶴子』を発行。今回、影の創業者・岡田卓也の実姉小嶋千鶴子評伝に相対する一冊と紹介している。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通ニュースから

流通業界カレンダー

今日は2021年12月01日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方