メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

100円ショップ/市場規模1兆円へ、1人当たりの購買額は月600円

2022年04月04日経営

関連キーワード:

帝国データバンクは4月2日、「100円ショップ」業界動向調査を発表した。

<100円ショップの市場規模は1兆円へ>
100円ショップの市場規模は1兆円へ
※出典:帝国データバンクホームページ(以下同)

同調査によると、大手5社(ダイソー、セリア、キャンドゥ、ワッツ、音通)を中心とした国内100円ショップ市場(事業者売上高ベース)は、2021年度は前年から約500億円増加の9500億円(5.8%増)と1兆円目前の見込み。

店舗数は、コロナ前の2019年度末時点で7687店だったのに対し、2022年2月末時点では約8400店(6.4%増)と、2年間で約800店舗増加した。帝国データでは「各社とも年間100店超の新規出店を続けており、早ければ2025年度にも1万店を突破するとみられる」としている。

1人当たりの購買額は月600円

100円ショップの1人当たり購買額を推定すると、2021年度(1月まで)は平均で月間635円と推計され、前年を35円上回った。10年前の2011年度は390円だったものの、2012年度に400円、その5年後となる2017年度には500円を突破。さらにその3年後には600円を上回り、10年で1.6倍に増加した。

<1人当たりの購買額は10年で1.6倍に増加>
1人当たりの購買額は10年で1.6倍に増加

積極的な店舗展開や販売チャネルの多様化で消費者の利用機会が増えているほか、帝国データは「アウトドア用品など日用雑貨以外の商品ラインアップが拡充されたことで顧客層が広がったこと、150~200円などミドルプライスの購入が増えているなど客単価の上昇も追い風となっている」と分析している。

■問い合わせ先
帝国データバンク 東京支社
情報統括部 情報統括課
TEL:03-5919-9343
E-mail:tdb_jyoho@mail.tdb.co.jp

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年05月24日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方