メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

マックスバリュ西日本、廿日市市/中山間地域の買い物支援に係る連携協定を締結

2022年07月13日経営

マックスバリュ西日本は8月5日、広島県廿日市市と「中山間地域の買い物支援に係る連携協定」の締結式を開催する。また、協定の締結に基づき現在実施している移動販売に続き、浅原交流会館(広島県廿日市市浅原)で、無人店舗出店に向けての準備を進める。

<無人店舗のイメージ>

今回、廿日市市、地元の地域自治組織である浅原の未来を創る会、マックスバリュ西日本の3者が相互に連携し、お互いの資源を有効に活用することで、中山間地域における買い物支援の仕組みを構築するために、協定を締結することになった。

マックスバリュ西日本は、2019年6月から広島の中山間地域である廿日市市浅原地区の浅原交流会館で毎週木曜日に移動販売を実施している。お客からの「近所の人との交流ができるこの施設で移動販売車を待たずにいつでも買い物をしたい。」という声を受け、新たに施設内1階に無人店舗をオープンすることが決定した。

現在、年内の無人店舗オープンに向けて、隣接する地元生産者による産直市と調和を図るとともに、お客の声を聞きながら品揃えを決定し、準備を進めている。移動販売と無人店舗の2本の柱で浅原地区のお客に便利で楽しい買い物の場を提供する予定だ。

協定の締結を通して廿日市市、浅原の未来を創る会と連携しながら、さらなる「浅原地区」ならではの買い物支援の仕組みの構築を実現するとともに、地域に根ざすスーパーマーケットとして、多様なニーズに対応した買い物手段の展開を進めるという。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年08月13日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方