小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

アマゾン/ セルフサービスでAmazonの仕入先として登録できる新サービス開始

アマゾンジャパンは2月1日、 セルフサービスでAmazonの仕入先として登録できる新サービス「Amazonベンダーエクスプレス」の提供を開始すると発表した。

Amazonベンダーエクスプレスは、 セルフサービスで商品情報などをオンライン登録し、 Amazonのフルフィルメントセンターに送付することにより、 登録から発送まで最短1日で、 Amazonの仕入先として取引が開始できるサービス。

これまでAmazonの仕入先は、バイヤーを通して契約を結び、商談で価格などを決めて商品を卸していた。

Amazonベンダーエクスプレスの導入により、 バイヤーを介することなくオンライン上のセルフサービスで仕入先として登録し、小規模でも簡単にAmazonでビジネスをすることができるようになる。

Amazon上の類似商品の価格などのビッグデータを活用することにより、 商品の卸売価格がオンライン上で明確にわかる。

商品の保管・管理、販売、発送、返品、顧客からの問い合わせなどに対応するため、仕入先が効率的に販路を拡大することが可能になる。 また、Amazonへの商品送付には着払いを利用できる。

なお、アメリカでは2014年6月から提供を開始しており、ドイツ、イギリスに続き、日本が4か国目。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧