小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

カカクコム、KDDI/飲食店向け予約サービスで合弁会社

カカクコムとKDDIは3月10日、グルメサイト「食べログ」の提供する飲食店向け予約台帳アプリ「ヨヤクノート」の拡販と両社の強みを活かした飲食領域での新たなサービス開発のための合弁会社を設立すると発表した。

合弁会社の商号は未定、資本金は300万円で、出資比率はKDDI(51%)、カカクコム(49%)。

カカクコムはこれまで、食べログを通じて飲食店向けメディア事業を運営してきたが、飲食業界へのさらなる価値の提供を目指し、業務支援領域への事業拡大の第1弾として「ヨヤクノート」の提供を開始した。

「ヨヤクノート」を既に導入している飲食店では、業務負担の軽減だけでなく、顧客管理システムの高度化に対する満足度も高い。

一方で、新たに導入を予定する飲食店に既存の紙の予約台帳からスムーズに「ヨヤクノート」に移行するには、「ヨヤクノート」を従業員間で共有・閲覧するためのタブレットをセットで提供することが不可欠となっている。

KDDIは「ヨヤクノート」を導入した飲食店に、従業員同士で予約台帳を共通管理するために必要なタブレット端末を必要なアプリの初期設定や飲食店ごとに異なる利用制限などの設定を行ったうえで、提供する。

飲食店に対し、KDDIの持つ業務効率化のための決済ソリューションの提供や、集客のための販促システムの提案などを通じ、より一層のビジネス支援を行う。

今後、カカクコムとKDDIは、基本合意に基づき、本合弁会社の詳細についてさらなる協議・検討を行い、詳細については改めて発表する予定だ。

合弁会社の概要
商号:未定
代表者:勝木 朋彦(KDDI 金融・コマース推進本部長)
本店所在地:東京都渋谷区渋谷2-21-1
渋谷ヒカリエ
設立年月日:4月1日(予定)
主な事業内容:飲食店予約サービス・その周辺事業に関する企画・検討
資本金:300万円
決算期:3月
株主構成:KDDI51%、カカクコム49%

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧