小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

三井不動産/クアラルンプールに東南アジア初のららぽーと

三井不動産は3月30日、シンガポール子会社の三井不動産アジアを通じて、マレーシアの首都クアラルンプールにて東南アジア初の「ららぽーと」となる「(仮称)三井ショッピングパークららぽーとクアラルンプール」を開発すると発表した。

<ららぽーとクアラルンプール>
ららぽーとクアラルンプール

3月28日に共同事業者と基本協定書を締結した。今後は2017年初旬の着工、2021年のオープンを目指す。

グループは、クアラルンプール中心市街地で、Uda Holdings Berhad(Uda社)とBBCC Development Sendirian Berhad(BBCCD社)が推進する、商業施設・オフィス・住宅・ホテル他で構成する大規模複合開発「ブキッ・ビンタンシティセンタープロジェクト(BBCCプロジェクト)における、商業施設部分に事業参画し、「三井ショッピングパークららぽーと」の開発・運営を行う。

<計画概要>
計画概要

商業施設は、マレーシアの堅調な個人消費や高度化・多様化している消費者志向に対応するため、約8万m2の店舗面積の中にハイエンドブランドから生活必需品まで幅広い約300店を集積。

テーマごとにゾーンを特定し、テーマに沿った店舗構成とするなどマレーシア初のライフスタイル提案型の、ワンストップ商業施設を目指す。

グループの100を超える国内外の商業施設での開発・リーシング・運営により培ったノウハウを最大限にいかして、マレーシアでも人気の高い日系店舗をファッション、物販、飲食の各カテゴリーで誘致し、競合施設との差別化を図る予定だ。

施設概要
所在地:No.2,Jalan Hang Tuah,55100 Kuala Lumpur,Malaysia
交通アクセス:LRT,KLモノレール「Hang Tuah」2路線結接駅に直結
MRT Sungai Bulah Kajang線「Merdeka」駅徒歩5分(2017年開通予定)
事業形態:ショッピングセンター
敷地面積:約78,500m2(本商業施設を含むBBCCプロジェクト全体)
延床面積:約130,000m2(本商業施設)
約600,000m2(本商業施設を含むBBCCプロジェクト全体)
店舗面積:約80,000m2
建物規模:地上5階、地下4階(駐車場地下2階~4階含む)
店舗数:約300店舗
着工:2017年初旬(予定)
開業:2021年(予定)

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧