小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

オフィスおかん/ぷち社食サービスの対象地域を横浜・川崎に拡大

ぷち社食サービス「オフィスおかん」を運営する「おかん」は5月9日、横浜・川崎エリアを対象に、サービス提供地域を拡大する。

「オフィスおかん」は、導入企業のオフィスに冷蔵庫・専用ボックスを設置し、健康的な惣菜のほか、ご飯、スープ類などを常備する「ぷち社食サービス」。

導入企業の従業員は、「さばの味噌煮」「ひじき煮」「玄米ごはん」などの食事を1品100円から、オフィス内でいつでも購入できる。

食事のほか、利用に際して必要となる専用集金ボックスや使い捨て耐熱皿、冷蔵庫などの付属品の貸与・提供も行う。

サービスを利用することで、従来の社食と比較して圧倒的低コストで食にかかる福利厚生を充実し、仕事と食事のバランス=「ワーク・フード・バランス」の改善を推進できるという。

2014年3月のサービスリリース以降現在、東京23区内の企業を中心に約300社が利用している。2016年4月1日からは千葉県市川市・浦安市で、サービス提供を開始し、さらに導入企業を増やしている。

今回は、神奈川県の経済中心部である横浜市、大規模な重工業地帯をかかえる川崎市で、サービスを提供する。

横浜・川崎エリアにおけるサービス提供地域拡大を記念して、該当地域で導入希望の企業を対象に「導入“お試し”キャンペーン」を実施。

サービスの最短利用期間が通常「12か月」のところを、試しやすい「3か月」から契約ができる期間限定キャンペーンを行う。

■オフィスおかん
https://office.okan.jp/

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧