小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

グンゼ/京都府綾部市に商業施設「グンゼライフポケットアユラ(仮称)」

グンゼと連結子会社グンゼ開発は5月26日、自社発祥の地、京都府綾部市の所有地の一角に、商業施設「グンゼライフポケットアユラ(仮称)」を設置すると発表した。

<グンゼライフポケットアユラ(仮称)>
グンゼライフポケットアユラ(仮称)

総投資額は約5億円で、ケーズデンキが延床面積2553m2で出店するほか、ココスが305m2でオープンする。

1期計画(2008年12月)で、グンゼ南社宅(全5棟のうち1棟を解体)跡地に「グンゼライフポケットアユラ」(テナント:ローソン、ライフォート、白バラドライ、ぴーかんランドリー、高倉書店)を開業した。

これにより周辺はアユラのほか、さとうのショッピングセンターやホームセンターなどが集まる商業集積エリアとなった。

グンゼ南社宅全5棟のうち残る4棟の跡地を活用することで、すでに開業しているⅠ期と合わせ、毎日、便利で豊かな暮らしが実現できる、地域に密着した商業施設を目指す。

計画概要
所在地:京都府綾部市西町3丁目北大坪19
敷地面積:13,280m2
施設名称:グンゼライフポケットアユラ(仮称)
駐車台数:182台
竣工予定日:11月中旬(予定)
総投資額:約5億円
営業開始予定日:未定

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧