小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ダイシン百貨店/目標年商80億円、MEGAドン・キホーテに一新

ドン・キホーテグループのダイシン百貨店は6月30日、東京都大田区の「ダイシン百貨店大森本店」を「MEGAドン・キホーテ大森山王店」としてリニューアルオープンする。

<MEGAドン・キホーテ大森山王店>
MEGAドン・キホーテ大森山王店

ダイシン百貨店は1964年に開店した総合小売業で、シニア層をターゲットとした高齢者に優しい、地域密着型のレトロ百貨店として知られていた。

しかし、経済状況の変化やお客のニーズの多様化により業績が悪化し、2016年1月期は売上高53億6000万円、経常損失8100万円を計上していた。

昨年3月からドン・キホーテと業務提携し、今年6月にドンキホーテホールディングスの完全子会社となった。

<店内>
店内

今年5月8日に閉店し、MEGAドン・キホーテへのリニューアルを進めていた。

地上1階~3階までのテナントを含む売場面積は1万539m2で、ドン・キホーテは1階と2階に展開。7月7日には、3階にニトリがオープンする予定だ。

通常のMEGAドン・キホーテの売場面積は3000m2~4000m2で、売場面積は約3倍の大型店となる。

<1階フロアマップ(開店時)>
1階フロアマップ(開店時)

生鮮食品、日用消耗品、家庭雑貨品、衣料品、化粧品、玩具、カー用品、ブランド品、家電製品、ペット用品など、約10万アイテムを展開する。通常のドン・キホーテは、約5万アイテムを展開しており、約2倍の品ぞろえとした。

次>> 早期の営業黒字化を目指す

次へ> 1 2 3 4 5 6

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧