メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ソニービル/建替前のカウントダウンで「It’s a Sony展」

銀座のソニービルは11月12日~2017年3月31日、「It’s a Sony展」を開催する。

<It’s a Sony展>
It’s a Sony展

建替のため2017年3月31日に一時閉館するのに先立ち、ソニービルが歩んだ50年の歴史と今後の進化について、歴代のソニー商品とともに紹介するカウントダウンイベント「It’s a Sony展」を開催するもの。

It’s a Sonyは、1970年代にアメリカの広告で使われ始めたタグライン。ソニー製品のユニークさや違いを短い言葉で表現したこのフレーズは、世界中のお客にソニーの名前に親しみをもってもらう大きなきっかけの一つとなった。

日本国内では1982年から2000年にかけてテレビコマーシャルのサウンドロゴとしても使用していた。

全138日間にわたって展開する「It’s a Sony展」は、前半と後半の2部構成で開催。

2016年11月12日から2017年2月12日までの前半は、「歴史」をテーマに、日本初のトランジスタラジオ「TR-55」や初代ウォークマン「TPS-L2」、エンターテインメントロボット「AIBO」など、ソニーが世界に驚きをもたらしてきた商品の数々を、当時の広告などとともに展示する。

アンディ・ウォーホルによる版画「SONY-WALKMAN」や、各界の著名人など10名の思い出のソニー商品をエピソードとともに紹介する「My Favorite Sony」コーナーも設ける。展示商品は約730点となる。

2017年2月17日から2017年3月31日までの後半は、「未来」をテーマに、2018年夏にオープン予定の「銀座ソニーパーク」の様子を先取りして見れるインスタレーションを展示する予定だ。

創業70周年を迎えた今年、新たな時代への挑戦を象徴する取り組みとして、ソニービルを大規模にリニューアルする事業計画「銀座ソニーパークプロジェクト」に着手している。

プロジェクトでは、ソニービルの現在の敷地を2018年夏から2020年秋の間は「銀座ソニーパーク」として広く開放し、その後は2022年までに新しいソニービルを建設、新たに開業する予定だ。

これに伴い、ソニービルは2017年3月31日をもって営業が一旦終了となり、建て替えに向けた工事が開始される。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月22日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方