小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

セブン‐イレブン/国内2万店突破記念、ユニフォームデザインを一新

セブン‐イレブン・ジャパンは2018年10月、日本国内2万店突破を記念し、日本全国約40万人の従業員が着用するユニフォームのデザインを一新する。

<スタッフユニフォームのデザイン一新>
スタッフユニフォームのデザイン一新

セブン‐イレブンの創業以来、ユニフォームのリニューアルは5回目となる。コーポレートカラーを使用した新ユニフォームへの切り替えを機に、より一層のブランド価値の向上を目指す。

<コーポレートカラーを使用>
コーポレートカラーを使用

ブランドイメージを統一するため、新しいユニフォームにコーポレートカラーの3色を使用。

「朝焼け」のオレンジは、挑戦を表し、つねに上昇・挑戦を続けようとする「朝日」をイメージした色。

「夕焼け」のレッドは、強い情熱・決意のシンボルである「炎」を表現した色。

「オアシス」のグリーンは、オアシスの水辺に生きる生命のシンボルである「緑」を表現した色となっている。

季節に合わせ、半袖と長袖の2種があり、耐久性や着回しの良さ、速乾性を重視した素材を採用している。

デザインは、佐藤可士和氏が監修した。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧