小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

渋谷/高知の化粧品卸、事業停止で負債1億7300万円

帝国データバンクによると、渋谷(高知県高知市)は、3月15日までに事業を停止し、法的手続きの準備に入った。

同社は、1986年1月に設立された化粧品卸売業者。

高知県内全域および愛媛県の一部を商圏とし、ヘアカラーの卸業務を主として、化粧品や美容材料、美容器具等の卸業務も行っていた。なお、2015年7月期には売上高約1億4300万円を計上していた。

しかし、2015年12月に主力営業スタッフが1名退職したため、他スタッフによる商圏カバーを行った結果、営業効率が低下し、2017年7月期の年売上高は約9400万円にまで減少していた。

そのため、資金繰りの悪化から2017年1月よりリスケを実施していた。こうしたなか、2017年8月に代表が倒れ長期休養に入り、以降も業容の改善には至らず、今回の事態となった。

2017年7月期末時点の負債は約1億7300万円。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧