メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ジャンボおしどり寿司/神奈川の回転寿司、民事再生で負債15億円

2018年04月02日トピックス

帝国データバンクによると、エコー商事は4月2日、東京地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日保全命令、監督命令を受けた。負債は債権者約70人に対し約15億円。

1982年1月に設立。神奈川県下でファミリーレストランタイプの回転寿司チェーン「ジャンボおしどり寿司」の運営を手がけ、2007年12月期には年売上高約30億5800万円を計上していた。

店舗は駐車場を完備した街道沿いのロードサイド店やショッピングモール内に出店していたが、2009年以降は売り上げ減少が続き、経営改善に取り組んだものの、多額の金融債務が負担となり、収益を圧迫した。

近時は「ジャンボおしどり寿司」を横浜市(7店)、藤沢市(3店)、川崎市、鎌倉市(各1店)の計12店舗展開していたが、今回の措置となった。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年12月01日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方