メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

婦人フォーマルのサンクローバー/コロナ禍の販売不振で民事再生、負債15億円

2021年02月26日経営

東京商工リサーチによると、サンクローバー(岐阜県岐阜市)は2月25日、岐阜地裁に民事再生法の適用を申請し同日、監督命令を受けた。

負債総額は15億9533万円(2020年5月期決算時点)。

同社は、設立1968年11月設立、資本金4800万円。設立当初は婦人用コート、スカート、ワンピースなどを扱っていたが、その後レディースフォーマルウェアの企画販売、アクセサリー販売に業態を変更した。

百貨店、量販店に取引基盤を築き、近年は専門店への販売にも注力し、ピーク時には売上高約34億4400万円を計上した。しかし、不採算店舗の閉鎖もあり業績は低迷し、2018年5月期には売上高が20億円を割り込んだという。

「新型コロナウイルス」感染拡大に伴う百貨店や大型複合商業施設の相次ぐ休業で、2020年5月期は売上高が12億7019万円にとどまったうえ、1億7645万円の赤字を計上し、債務超過に陥った。

2021年5月期に入ってからも外出自粛等で販売不振が続いたことから、自力での再建を断念し、民事再生法による再建を図ることとなった。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2021年04月11日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方