小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

JTB/関空に日本産農産物の販売店舗オープン

JTBは12月3日、関西国際空港の国際線ゲートエリア内に、日本産農産物を販売する店舗「J’s Agri Market(ジェイズアグリマーケット)」をオープンする。

<店舗イメージ>
店舗イメージ

国際線の出国審査後のエリアで、訪日外国人の購買ニーズが高いイチゴやブドウ、ミカンなど旬の果物を中心に取り扱う。

同社は2017年9月に越境ECサイト「J’s Agri」 を開設し日本産農作物の海外直販を行っているが、このたび、サイトで日本出国の7日前までに購入すると「J’s Agri Market」で検疫済みの商品を受け取ることができる予約販売体制を整えた。

空港店舗で商品を受け取る場合、海外への輸送コストがかからずに済むメリットがあり、手ぶら観光推進にもつながる。

<J’s Agriの事業展開図>

■「J’s Agri Market」店舗概要
営業時間:8:30~19:30
所在地:関西国際空港第1ターミナル 国際線ゲートエリア北側
取扱品目:日本産農産物(果物を中心に販売)

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧