流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





イオンモール/中国に「イオンモール広州新塘」2021年上期オープン

2021年01月06日 12:40 / 海外

イオンモールは1月6日、中国広東省広州市に「イオンモール広州新塘」を2021年上期にオープンすると発表した。

<イオンモール広州新塘>
イオンモール広州新塘

「新TOWN~星(Shine)・幸(Happy)・興(Exciting)・新(New)・信(Community)~5つのシンでつながる未来のTOWN~」をコンセプトに、「スマートモール」「エンターテインメント」「シャイニングスペース」「ヘルス&ウエルネス」「ローカリゼーション」の5つのテーマを設定。同社が広州で運営する2つのモール「イオンモール広州番禺広場」や「イオンモール広州金沙」と一線を画したデジタルテクノロジーを活用するという。

モール長約400mの規模を誇るの専門店には、ファッション、雑貨に加え、多彩な食、シネマ、アミューズメントなどがそろう。

今回新モールのコンセプト「興」「新」の「エンターテインメント」を象徴するものとして、中国初出店となる日本の「ラウンドワン」(中国名:朗玩)の出店も決定した。

総面積約7800m2を擁し、ボウリング、アミューズメント、カラオケ、スポッチャなど中国に新たなエンターテインメントを提案する。

また、1階には、各国のファストフードとフードコートのグルメゾーン、グローバルスポーツブランドゾーンを設置する。

2階は、中国各地の料理が楽しめるレストランゾーン、アミューズメント施設が登場する。

3階はシネマコンプレックス、地域最大のキッズゾーン、ラウンドワンが開設される予定だ。

<周辺地図>
周辺地図

■イオンモール広州新塘
所在地:中国広東省広州市増城区寧西街創新大道15号1棟
敷地面積:約13万8000m2
総賃貸面積:約7万6000m2
延床面積:約23万4000m2
駐車台数:約4400台
専門店数:約250店舗
開店予定:2021年上期

関連記事

関連カテゴリー

海外 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧