メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ローソン/中国四川省に初進出、成都市に8店舗オープン

2021年12月01日海外

関連キーワード:

ローソンは12月1日、中国の四川省成都市に「ローソン」を8店舗オープンすると発表した。

ローソンの連結子会社である重慶羅森便利店有限公司は、中国にある物流会社大手の百世(ひゃくせ)集団有限公司から、百世集団傘下の四川哦哦(しせんうぉうぉ)超市連鎖管理有限公司 以下「四川哦哦」)の株式の100%持分を引き受けた。

今回の譲渡により、四川哦哦が運営するコンビニエンスストアを順次、「ローソン」に転換するもの。

12月1日に、7店舗が「ローソン」に転換し、新規で1店舗出店することにより、合計8店舗のローソンが四川省成都市にオープン。 四川省成都市で転換・出店する店舗は、ローソンの関係会社である成都羅森便利店管理有限公司(2021年11月19日設立)が管理・運営する。

四川哦哦は、2005年に設立された小売会社で、2017年に百世集団の傘下に入った。四川哦哦は成都市に255店舗(2021年10月末時点)のコンビニエンスストアを運営している。

四川省の省都である成都市は人口約2000万人を抱え、中国西南部最大規模の商工業都市。西南部地域の中でも、成都市は経済発展が進んでおり、特に若年層を中心にコンビニエンスストアへの需要が高まることが期待されているという。2021年10月末現在中国におけるローソンは4192店舗。ローソンは今後も中国において、エリアライセンス契約や各地でのメガフランチャイズによる出店を強化し、2022年度に6000店舗、2025年度に1万店舗への拡大を目指す。

■中国における出店状況(2021年10月末現在)
20211201law1 - ローソン/中国四川省に初進出、成都市に8店舗オープン

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年01月18日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方