メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

アスクル/5月期は売上高13.8%増、営業利益24.4%増

2016年07月05日決算

アスクルの2016年5月期決算は、売上高3150億2400万円(前年同期比13.8%増)、営業利益85億1700万円(24.4%増)、経常利益85億7400万円(23.2%増)、当期利益52億5500万円(30.3%増)となった。

BtoB事業の売上高は2785億5200万円(9.2%増)となった。客数の伸張に加え、ビッグデータを活用したマーケティング施策が功を奏し、購入点数が増加し、購入単価も上昇したことから、売上高は前期と比較して増収となった。

LOHACOの売上高は328億4500万円(64.7%増)となった。ブランド認知度を飛躍的に高めるためのテレビCMの放映、メーカー協賛による販促策、ヤフーと連携した販促ポイント増額の施策などを実施した。

新規利用客を獲得するための施策の強化により、新規利用者数が着実に増加し、売上高も順調に拡大した。

来期は、売上高3480億円、営業利益95億円、経常利益95億円、当期利益55億円の見通し。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年11月26日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方