メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

スタートトゥデイ/4~6月、大幅な増収増益

2017年07月31日決算

スタートトゥデイが7月31日に発表した2018年3月期第1四半期の業績は、売上高214億5100万円(前年同期比39.4%増)、営業利益79億8100万円(59.3%増)、経常利益79億9900万円(58.8%増)、当期純利益55億3200万円(54.5%増)となった。

第1四半期の商品取扱高は595億7400万円(40.9%増)、売上総利益は198億4400万円(43.8%増)となった。

<既存アクティブ会員1人あたりの年間購入金額・年間購入点数の推移>
既存アクティブ会員1人あたりの年間購入金額・年間購入点数の推移

「ZOZOTOWN」のユニークユーザー数拡大及びコンバージョンレート(ユニークユーザーの購買率)向上のため、ユーザーとブランド双方にとって魅力的なサイト作りに、より一層傾注した。

売上総利益率(対商品取扱高)は、ZOZOTOWN事業における受託ショップのセールスミックスの変化、その他売上高(運賃収入、決済手数料収入等)の増加により33.3%(前年同期比0.7ポイント上昇)となっている。

販売費及び一般管理費は118億6300万円(35.0%増)、商品取扱高に対する割合は19.9%(0.9ポイント低下)。

低下の要因は、商品取扱高拡大による固定費(人件費、のれん償却額等)負担が減少したことによるもの。

通期は、売上高1000億円(30.9%増)、営業利益320億円(21.7%増)、経常利益320億円(21.0%増)、当期純利益222億円(30.3%増)を見込んでいる。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月30日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方