小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

H2O/4~12月、百貨店事業が好業績けん引、営業利益5%増

エイチ・ツー・オー リテイリングが1月30日に発表した2018年3月期第3四半期の連結決算は、売上高6892億600万円(前年同期比1.3%増)、営業利益179億7500万円(4.9%増)、経常利益196億4500万円(18.1%増)、純利益151億9400万円(5.2%増)となった。

不採算店舗の閉鎖やイズミヤの基幹店舗の建て替え工事の影響があったものの、円安・株高の影響による消費意欲の向上に伴う堅調な国内消費に加え、外国人観光客の購買が回復基調に転じた百貨店事業がグループ全体を牽引した結果、増収増益だった。

経常利益は、為替差益の計上や受取配当金の増加などにより大きく新調した。

2018年3月期通期の連結決算は、売上高9150億円(前期比1.5%増)、営業利益227億円(0.7%増)、経常利益231億円(6.3%増)、純利益145億円(1.4%増)を予想している。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧