メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

パルコ/2月期、休業・閉店の影響で営業利益17%減

2018年04月10日決算

パルコが4月9日発表した2018年2月期通期の連結決算は、売上高916億2100万円(前期比2.3%減)、営業利益117億1300万円(17.5%減)、当期利益78億900万円(11.2%減)となった。

売上面は、前期に仙台パルコ2を、今期にパルコヤ上野をそれぞれ開店したものの、渋谷パルコの一時休業(前期8月)や千葉パルコ・大津パルコ閉店(前期11月・当期8月)の影響などにより、テナント取扱高が減り、減収。

利益面では、前期に固定資産売却によるその他の収益を計上したことなどから、減益となっている。

2019年2月期通期の連結決算は、売上高960億円(4.8%増)、営業利益117億5000万円(0.3%増)、当期利益77億円(1.4%減)を見込んでいる。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月31日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方